大阪ニューオーリンズ祭り 各掲示板へヒロナリ Udacan さとる 人気ランキングへ1票
<   2006年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧
Aaron Nevilleがジャズフェスに出演できない理由
ニューオリンズジャズ&ヘリティッジフェスティバスは、今年で37回目を迎える。初期の20年間は、最終日の最終ステージは、ルイジアナのミュージシャンでローテーションしていた。

1978年はClifton Chenier、1979年はProfessor Longhair、1981年はPete Fountain、1985年は Allen Toussaint、1989年はFats Domino。
ここ15年間、Neville Brothersは、ファンク、ソウル、スピリチュアル性を伝え続けてきた。しかし、その伝統はハリケーンの犠牲者になった。2006年のジャズフェス出演者が発表された時、Neville Brothersの名はなかったのは、驚かされた。

Aaron Nevilleは、ツアー中のラスベガス。「私は確かにジャズフェスに出演したい。できなのは、私の健康上の理由からだ。みんなに知ってほしい。」
子供の時、Nevilleは、喘息を患った。2004年のジャズフェスの後に、入院し、3日間ステロイドと点滴注射で治療をした。その後の2ヶ月間のステージをキャンセルし、医者は、気管支喘息と診断したそうだ。

e0064446_1241948.jpg彼は、ハリケーン以来6ヶ月間ニューオリンズに戻っていない。「それは、ジェットコースターのような日々だった。避難した当時、テレビで見る限り、救出隊はどこにいたんだ。見るたびに涙が出た。彼等が生きているか死んでいるかわからない。彼等が避難したかもわからない。It's deep.It still is」

「私は、いつか帰るつもりだ。
I need to do that.
娘は、仕事のために戻っている。姉妹も戻っている。
That's my home.I've got to come back and see it.」
彼はニューオリンズにいないのにも関わらず、街は常に彼の頭の中にある。(福)
情報元: Times-Picayune

=現在ジャズ部門8位!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-09 01:30 | Neworleans情報
ニューオリンズの人口、推定20万人
e0064446_20333570.jpgニューオリンズ市によれば、市の人口は現在ほぼ20万人とのこと。市の緊急事態対策センターによると、1月の人口は16万人~20万2千人。この中には、ホテルに滞在している約2万人と、大学のキャンパス内にいる8千~1万人は含まれていない。

「これはニューオリンズが復興へ向けて明らかに前進していることを示している」とネーギン市長。また市長は「市民はニューオリンズを復旧させ、経済を生き返らせている。今我々が必要としているのは、連邦議会によって承認されるべき数十億ドルの助成金だ。それがあれば、復興はもっと加速されるだろう。」とも述べた。

これらの数値は、無作為に選んだ家庭の調査により得られたもの。調査は緊急事態対策センターがチューレーン大学LSUの学生の協力を得てアメリカ危機管理センターと共に行われた。

調査結果によると、ウェストバンク及びイーストバンクの水に浸からなかった地域は、ほぼカトリーナ以前の人口に戻っており、浸水した地域の人口も12月よりもかなり増加しているとのこと。(尚)
情報元:WWLTV

=ニューオリンズに予算を! 人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-08 20:34 | Neworleans情報
Lakeview地区の屋根裏部屋から新たな遺体が発見される
e0064446_18271796.jpgLakeview地区の屋根裏部屋で、男性の遺体が捜索犬によって発見されたことを、3月6日月曜日当局が明らかにした。

捜索犬による遺体捜索チームは、先週新たな巡回を開始した。このチームは行方不明者報告リストと彼らの最新の住所に基づいて捜索を行っている。その捜索の結果、暑さによってミイラ化された遺体が日曜日にLakeview地区で発見された。州の検死官であるLouis Cataldie医師によれば、遺体は暫定的ではあるが身元が確認できており、さらに、約2週間前に第9地区で発見された遺体もおおよその身元確認が終わっているという。

公表されている死亡者数にはこの2遺体は含まれていない。2月23日にLouisiana Department of Health and Hospitals(DHH)は、ハリケーンカトリーナによる死者は1,080人であると発表した。DHHのBob Johannessen氏によれば、公表されている死亡者数は連邦政府の遺体安置チームによって管理されているが、彼らは2月に州を去っており、その後のデータ更新を行っていないという。

ルイジアナ州では、まだ1,900人以上の所在がつかめていない。その多くは他州へ避難した住民であると見られるが、CNNによれば、300~400人が被災地域で死亡したまま発見されないでいる可能性があると見ている。(晶)
情報元:WWLTV, Yahoo NEWS

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-07 19:19 | Neworleans情報
アジア医師連絡協議会(AMDA)の保志門さんの復興支援
e0064446_1721273.jpg沖縄出身の保志門澄江さんが、ニューオリンズでボランティアとして復興支援活動に当たっている。保志門さんは政府からの復興支援が届きにくいベトナム移民やベトナム系アメリカ人のサポートを中心に支援活動を開始。「遠い米国でアジア人同士助け合えたことは精神的にも充実感がある」と話している。
保志門さんは、国際協力機構(JICA)専門家としてインドネシアで働いた後、2003年9月からはチューレーン大学の修士課程で国際保健を学び、卒業直後の昨年8月、ハリケーンに被災した。
その後、難民を受け入れたテキサス州ヒューストン市で支援活動を始めた日本の「アジア医師連絡協議会(AMDA)」に参加。避難所で聞き取り調査を行い、ベトナム系移民の窮状を知った。
ベトナム戦争後、米国へ移民した多くのベトナム人やベトナム系アメリカ人の多くは、英語が十分に話せない人も多いため、救助関連の情報もなかなか伝わらず、避難所には支援物資やボランティアサービスが行き届きにくい状況だった。AMDAはベトナム系住民の支援を決定。義援金や生活支援物資の供給を始めた。
一部地域に帰還許可が出ると、保志門さんらも活動の場をニューオリンズに移した。浸水などで家具や食料品などの腐敗による環境汚染や健康への影響が懸念され、AMDAは引き続きベトナム系住民にマスクや手袋などの予防具を配布するなど支援した。
保志門さんのAMDAでの活動は昨年で終了したが、復興のボランティア活動に現在も参加。「今後も支援を続ける。ニューオリンズがジャズでにぎわう昔の姿を早く取り戻してほしい」とのこと。(尚)
情報元:琉球新報


[PR]
by helpneworleans | 2006-03-06 17:08 | マスメディア情報
ハリケーンの記録映像DVDをネット販売中
e0064446_282167.jpg怪しげなサイトを発見!ハリケーンが襲う8月からの映像を集めたDVDが売り出されている。自称:気象パパラッチ、フリーのお天気フォトジャナーリストDoug Kieslingが、$30~50ほどでネット販売している。
自己紹介のページ
が笑える。一年で天気を追っかけてレンタカーで12万キロも走るらしい。嵐でレンタカーは壊れるわ、肺炎にかかるわ、何度も死にそうになったらしい。真剣なのか、ふざけているのか微妙な雰囲気が漂っている。興味ある方、冒険好きの方購入してみてください。(福)

=一日一票!ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-06 02:12 | Neworleans情報
ネーギン市長の反応。連邦政府の対応にあらためて批判。
e0064446_134536.jpgブッシュ大統領が、カトリーナが襲来する前に堤防が破られる危険性の報告を受けていたという問題について、3月3日の記事で紹介したとおり。それについて、ニューオリンズ市長ネーギンさんがコメントしている。

世界で最も偉大な国の一つであるアメリカは、迅速な救出に来てくれることだろうと思っていたことに、ニューオリンズに人々は、大いに苦しんだ。必死な助けを求めていたにもかかわらず、周辺の地区は見過ごされた。

連邦政府の反応について発表されたビデオテープは、ニューオリンズに与える被害のひどさを認識していたことを示した。愛する隣人や友人たちは、家から追いやられ、人生が変わってしまった。

カトリーナ後の日々、スーパードームやコンベンションセンターに避難していた人々は、連邦政府から食べ物、水、医療品とともに救出に来てくれる望みを抱いていた。政府の反応が、歴史的な災害に対してタイムリーな反応ではなかったことは、嘆かわしいことだ。(福)
情報元:Times-Picayune

もっともだ。ネーギンさん、もっと熱くなってもいいんじゃない?絶対権力を持っている大統領でも、千人も死なせた国家的危機にたいして、おとがめなしかよ!(福)
=次の選挙も出馬するのかい?ネーギンさん。人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-06 01:04 | Neworleans情報
マルディグラ期間中に記録的な駐禁取締り
マルディグラの期間中、ニューオリンズ市は記録的な件数の違法駐車を取締った。都市の公共労働局によると、人員が縮小され、マルディグラの期間が短縮されたにも関わらず、違法駐車を取締る警官は、1年前のほぼ2倍の駐禁チケットを発行した。

e0064446_0205295.jpg2005年の間に、75人の警官は29,847の駐禁チケットを発行したと都市の駐車管理者であるRichard Bosemanは言う。しかし、今年、15人の路駐取締警官は、11,046のカーニバルのために駐車した車にチケットを発行した。それは、警官一人につき、736件(昨年の397件のほぼ2倍にあたる)の駐禁チケットを発行していることになる。

都市も、より積極的に不法駐車の車を牽引した。昨年、18人のトラック運転手により、一人25台、446台の車両を牽引した。一方今年は、9人の運転手で、1台のレッカー車につき40台を、計364台の車を牽引したという。

このより厳しくなった施行は、施行スタッフが小規模化されたため、違法駐車が日常生活の妨げになってきていた、特にフレンチクォーターとCBDの居住者からの要求に応じるものだった。違法駐車取締からのお金はカトリーナ以来減少していた、都市の一般的な基金に使われる。しかし、Bosemanは施行を増強する内部的な推進は何もないと否定している。実際、警官がかなりの収益を生み出すことになる違法駐車が多くあるという。(有)
情報元:WWLTV

資金集め?どこかの国も違反金徴収のノルマがあるって本当?市民の見方だと思っていたおまわりさん。好きになれません。(福)
=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-05 23:31 | Neworleans情報
あるシンガーソングラーターの歌が多くの人に感銘を与えている。
一人のニューオリンズ地元のミュージシャン、Jep Epsteinの歌"OUR HOME, LOUISIANA"がテレビやラジオで注目を浴びている。

e0064446_25529.jpgJep Epsteinは、裏舞台でコマーシャルやプロモートの音楽製作を主な仕事としていた。しかし、カトリーナ後の彼の気持を綴った歌は、政府対応のもろさと復興にたいする希望を再確認したアーティストとして注目を浴びている。

ルイジアナの東北部に避難していたJep Epsteinは、テレビやネットから流れてくる街の被害の映像を見て、嘆いていた。ハリケーンの後、友人からニューオリンズに希望を与えるような歌を作るよう電話を受けたという。その夜のうちに、生のぼろぼろの感情によって、すらすらと流れるように曲がかけた。Lafayetteで"OUR HOME, LOUISIANA"は生まれた。

ラジオで流れるたびに、メールや電話が飛び込んでくる。「美しい歌だ。」「ありがとう。」「次はいつ流れる?」(福)
情報元:WWLTV
ぜひとも聞いてみたいので、いろいろ探した。しかし、1ヶ月前ぐらいまでネットからダウンロードできていたみたいだ。いつか、聴ける日がきたらまた紹介します。(福)
ここをクリックでダウンロードできます。だめな場合は、こちらからダウンロード。(尚)
=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を


OUR HOME, LOUISIANA

A flickering lamp, a fire bright,
The lights are on again,
Graceful trees tell quiet tales,
And you remember then.

All our dreams head homeward, chere,
Smiles bring other smiles,
Neighbors, friends, and family join,
Together, we survive.

This is our love,
This is our life,
This is our home, Louisiana,
This is our day, come what may,
This is our home.

A breaking dawn,
a tender morn,
A canvas we design,
The band parades, a jester laughs,
We share momentous time.

And all our hopes flow back to you,
The music plays in time,
The river calls in majesty.
Together, we survive.

This is our love,
This is our life,
This is our home, Louisiana,
This is our day, come what may,
This is our home.

Church bells ring,
the children sing,
My sunshine, you are mine,
Hello old friend,
I knew you when,
Together, we’ll unwind.

May all our prayers be noble now,
May all our work be pure,
May we be thankful once again,
Together, we endure.

This is our love,
This is our life,
This is our home, Louisiana,
This is our day, come what may,
This is our home.

"Our Home, Louisiana"
Words and music by Jep Epstein
© 2005 Blue Cross and Blue Shield of Louisiana

<おしらせ>
広島P-station「土橋商店街音屋本舗」3月5日の放送は、深夜26時に放送時間が変更されます。通常の放送時間3月5日日曜日深夜12時からは、J-WaveのRadio SAKAMOTOがON AIRされる。番組詳細は、Program infoのRadio SAKAMOTOをクリック!
[PR]
by helpneworleans | 2006-03-04 03:14 | Neworleans情報
おかえりなさい!ニューオリンズ美術館
e0064446_2062086.jpgNew Orleans Museum of Art(NOMA)が3月3日に再オープンする。これはハリケーンカトリーナ以来の再開となり、オープンから3日間は入場無料らしい。美術館の建物自体や展示品にはほとんど被害はなかったが、ニューオリンズが受けた壊滅的な被害のために閉館していた。

再オープンにあたっての式典は、3月3日金曜日、ピューリツァー賞受賞者Richard Ford氏とルイジアナネイティブの人文科学勲章受賞者Ernest Gaines氏によって行われるリボンカットセレモニーで幕をあける。Gaines氏はニューオリンズから100マイルほど北西に位置する田舎町Oscarに住んでおり、"A Lesson Before Dying"や"The Autobiography of Miss Jane Pittman"で有名である。2人は、カトリーナとリタによってルイジアナのユニークな文化がどれほど影響を受けたかについて語りあう予定になっている。

ジャズトランペッターのIrvin Mayfieldとクラリネット奏者のMichael Whiteが、土曜日にスペシャルメンバーで演奏を行い、また週末を通して、何十人ものニューオリンズのミュージシャンが訪問者を楽しませてくれる演奏を行う予定である。(詳細スケジュールはこちらから)

e0064446_206362.jpg美術館の外にはくねくねした小道に沿って50以上の彫刻が展示してあるSydney and Walda Besthoff Sculpture Gardenがあり、そこは昨年12月にすでに再オープンしている。
庭園と彫刻はハリケーンからなんとか持ちこたえたが、彫刻の1つはシアトルで製作者によって現在修復中である。(晶)
情報元:WWLTV

=おかえりなさい!NOMA 人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-04 03:08 | Neworleans情報
フレンチメン・ストリート・フェスティバル 5月4日に開催 →中止です(4/7)
e0064446_2123961.jpg今年のJazzFestの2週目は金曜日に始まる。例年はその前日の木曜日もあるのだが、その木曜日(5/4)に、Frenchmen Street Festが開催されるとのこと。場所はWashington Square Park (Frenchmen St.とRoyal St.の角:Snug Harborの近く)。手がけるのはBonnaroo Music Festivalで一気に有名になったSuperfly Productions。なお、収益金はNew Orleans Musician's Clinicへ寄付される予定。また出演者は未定だが、25歳以下の若年層をターゲットにしたイベントになると思われるとのこと。(尚)
SuperflyってことはたぶんGalactic等のJamBand系が出るんでしょう。(尚)
=ところで、MO Festはやらないの? 人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-04 02:14 | Neworleans情報



ニューオリンズ復興Project
by helpneworleans
About Us
Help Neworleans HPは有志メンバーでニューオリンズを元気にしようとするプロジェクトです。大好きな街に恩返しするため、文化普及のために様々な情報を提供しています。有志募集中!詳しくは投稿者紹介
協賛:
ラジオ番組音屋本舗
JACARA@広島
ミシシッピーのほとりから
おとり捜査官の捜査日記

人気ランキングに1票
確認 ブログ王
リンクバナーご自由に

今日:
昨日:
全部:

リンク
ハリケーン募金支援サイト
なんとかしようよ.net
ドッコイSHOW
Go To U.S.A.
MAMICHI@BLOG
More News.....
チャリティーCDs.....
カテゴリ
全体
復興への思い
救済イベント-国内
救済イベント-海外
Neworleans-被害
Neworleans-安否情報
マスメディア情報
Neworleans情報
HelpNOからのお知らせ
チャリティーCD
その他
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のトラックバック
Ellington Up..
from 1-kakaku.com
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
"What's Goin..
from 言葉と物
進歩したのかしてないのか。
from 気分屋は日々あお色
またハリケーンがやってき..
from 夜明け前
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
海外ニュース
from 共通テーマ
今度はTシャツの登場です!
from 沖縄☆青春小説の館☆管理人の..
クリック募金に気をつけろ!
from 銅の錬金術師のお金研究所
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧