大阪ニューオーリンズ祭り 各掲示板へヒロナリ Udacan さとる 人気ランキングへ1票
<   2006年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧
ジャズフェス前夜祭はドクタージョンとカーミット・ラフィンズ
e0064446_3582461.jpg今年もジャズフェス前夜祭(Gala Concert)が行われることが決まった。4/27午後7時からHarrah's Casinoにて開催。出演はドクタージョンカーミット・ラフィンズ。チケットは500ドル!!だが、ディナーと、ジャズフェス全6日間の入場パス付き。(尚)
情報元:ジャズフェス公式サイト
以前の前夜祭にはフェアグラウンドに出演しない大物アーティストが出たりしていたが、今年は地元勢でフェアグラウンドにも出演というのはちょっと苦しい...(^^;)。6日間の入場パス(通常のチケットだと再入場不可だけど、これだと可能)というのは魅力だけど、やっぱり500ドルは高すぎ! (尚)
=ジャズフェスまであと一ヶ月ちょっと! 人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-24 23:50 | Neworleans情報
ニューオリンズミュージシャンのために、NYハーレムのアポロシアターでベネフィットコンサートが開催
e0064446_23434214.jpgハリケーンカトリーナで被害を受けたニューオリンズミュージシャンのために、Bill Cosbyが5月4日にニューヨークにある伝説のアポロシアターで"A Great Night in Harlem"と称するベネフィットコンサートを主催する。

Jazz Foundation of America(JFA)は、コンサートと企業からの寄付を通じて、150万ドルを集められると期待している。カトリーナ以来、JFAはFats Dominoのピアノの交換から住宅ローンの支払いの援助に至るまで、あらゆることで900人以上のニューオリンズのミュージシャンを手助けしてきた。

俳優のDanny GloverやAbbey Lincoln、James "Blood" Ulmer、Odettaを含む60人以上のミュージシャンがBill Cosbyと共に演奏する予定である。(晶)
情報元:WWLTV

=ニューオリンズに光を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-23 23:45 | マスメディア情報
オリジナル・ミーターズ、5/6のライブも決定
3/4の記事で書いたFrenchmen Street Festivalを主催するSuperfly ProductionがFrenchmen Street Festival以外のJazzFest期間中のライブを発表した。詳細は下記のリストを参照。目玉は、JazzFest本体には4/30に出演するOriginal Meters Reunionが、5/6にもContemporary Arts Centerでライブを行うということ。去年はJazzFestでの出演はあったが、夜のライブは無かった。Robert Randolphの飛び入りもありか?。あとGarage a Medeskiという名義になっているGarage a Trois & John Medeskiも面白そう。(尚)
e0064446_1210275.gif

FRIDAY, APRIL 28
Garage a Medeski
featuring Stanton Moore, Mike Dillon, Skerik,
and special guest John Medeski
Riverboat Cajun Queen / Canal Street Wharf
Tickets: $35
Doors: 7:30 PM
Show: 8:15 PM Sharp

SATURDAY, APRIL 29
The Radiators
Riverboat Cajun Queen / Canal Street Wharf
Tickets: $45
Doors: 7:30 PM
Show: 8:15 PM Sharp

SATURDAY, APRIL 29
Umphrey's McGee
Republic New Orleans / 828 S. Peters
Tickets: $20
Doors: 9pm
Show: 10pm

THURSDAY, MAY 4
The Greyboy Allstars
Riverboat Cajun Queen / Canal Street Wharf
Tickets: $34.50
Doors: 7:30 PM
Show: 8:15 PM Sharp

FRIDAY, MAY 5
Gov't Mule / Galactic
w/ Dirty Dozen Brass Band
Contemporary Arts Center / 900 Camp Street
Tickets: $34.50
Doors: 7pm
Show: 8pm

SATURDAY, MAY 6
The Meters
Robert Randolph & the Family Band
Contemporary Arts Center / 900 Camp Street
Tickets: $34.50
Doors: 8pm
Show: 9pm

情報元:Superfly Productions
Superflyが手がけるライブはSold Outが多いので特に5/6のオリジナル・ミーターズを見たい方は前売り券の入手をお勧めします。 (尚)

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-22 12:11 | Neworleans情報
リバースブラスバンドのドキュメンタリー映画
Mojotooth ProductionはCharlie Brown監督のドキュメンタリー映画'Never a Dull Moment: 20 Years of the ReBirth Brass Band'を3/25(土)の午後7:15からCanal Place Cinemaで上映する。チケットは7ドル。

e0064446_9152668.jpg製作に3年以上かかったこのドキュメンタリー映画は、 ReBirth Brass Bandの1984年のClark High Schoolでの結成から、ティピティーナスでの20周年記念パーティーまでの物語が、インタビュー、ライブ映像、ストリートパフォーマンス等で綴られている。

トレメ地区、日曜日のセカンドライン、マルディグラインディアン等の映像を通して、このドキュメンタリーは、ニューオリンズのブラスバンドカルチャーの本質と、リバースがそれに与えた影響を描いている。PhilipとKeithのFrazier兄弟(チューバとバスドラ担当)は天才トランペッターKermit Ruffinsを含む25人ものメンバー交代を経て結成当初から現在までバンドを続けてきた。

カトリーナがニューオリンズ、特にトレメ地区に大災害をもたらす前に映画がとられたことで、この映画はニューオリンズの災害前の記録映像として捉えることもできる。また、幸にもリバース(再生)という名前は、ニューオリンズの将来の復興にぴったりの名前でもある。

ニューオリンズ出身の監督Charlie Brownは、チューレーン大学のラジオ局のDJだったころにリバースと出会った。1989年、彼はリバースの名声を高めることになったローカルヒット曲'Do Whatcha Wanna'を最初にかけたDJの一人でもある。現在彼はNOLA.comのプロデューサー、ティピティーナのビデオ製作ヘッド、そしてMojotooth Productionsの社長を務めている。既に彼は8時間以上のドキュメンタリー作品や報道作品を製作しているが、このドキュメンタリー映画は彼の最初の代表作である。(尚)
情報元:NOLA.com
是非DVD化して欲しいものです。できればJazzFest前に...(^^;) (尚)
=Give Rebirth to New Orleans! 人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-21 09:30 | Neworleans情報
ニューオリンズのミュージシャン達によるCDが2006/4/4に発売予定
また、現在活躍中のニューオリンズのミュージシャン達による新たなCDが2006/4/4に発売予定。
Our New Orleans」は、ハリケーン後に録音された音源によるチャリティーCDで、すばらしい内容だった。同様に本CD「Sing Me Back Home」は、カトリーナの6週間後オースティンで新しく録音されたものだ。グラミーノミネートプロデューサーLeo Sacks、プロデューサーエンジニアに Ray Bardaniが夢の競演を実現させた。下記のメンバーのほかにも、オリジナルMetersの Leo Nocentelli、George Porter, Jr.も参加している。(福)

e0064446_092740.jpg1.This Is My Country- Cyril Neville
2.Fortunate Son- Ivan Neville
3.Look Up- Irma Thomas & Marcia Ball
4.Walking To New Orleans- Dr. John
5.Hey Troy, Your Mama's Calling You- Troy (Trombone Shorty) Andrews
6.Loving You Is On My Mind- The New Orleans Social Club
7.Somewhere- Henry Butler
8.99 1/2 Won't Do- Mighty Chariots of Fire
9.Make A Better World- The Subdudes
10.First Taste Of Hurt- Willie Tee
11.Where Y'At? (Medley: Jesus On The Main Line/I'm Walking/The Saints- The Sixth Ward All-Star Brass Band Revue featuring Brother Charles Neville)
12.Chase- Big Chief Monk Boudreaux
13.Why- John Boutte

情報元:shorefireIvan NevilleのインタビューOff BeatAmazon
これも、買いでしょう!!みんな力はいってよい演奏に違いない!!4/4が待ちどうしい。チャリティーCDの一覧はこちらから。(福)
=ニューオリンズファンもこれで元気になれる!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-21 00:10 | チャリティーCD
ハリケーンの精神的ダメージの調査、妊婦への影響調査開始
e0064446_36246.jpgハリケーンの影響は、被害額、仮設住宅、次期選挙についてしばしば議論されるところであるが、出産に関する影響は、違った側面をもっている。

バトンルージュの産婦人科研究所と、チューレーン大学ヘルスセンターは、ハリケーンが来る前に妊娠していた200人の女性達の調査を始めた。

仮説では、ストレス、出産前の混乱、公共医療機関混乱などの連続で、早産や残念な結果につながるということである。

調査は、アンケート、精神的なテストで行われ、カトリーナが早産の増加を招いた証拠をつかみたいとしている。そして現在、将来の女性達に役立つだろう。

「戦地から帰ってきた男性に対する精神的なケアと同様、カウンセリングすることによって、幾つかの影響を減らすことができることだろう。まさに、住む家を再建しないが、彼らの精神衛生面を構築することになるのです。」(福)
情報元:WWLTV

被災後、半年経った今後は、精神面のケアが重要になってくるんでしょうね。(福)
=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-20 03:08 | Neworleans情報
Soul Singer King Floydが永眠。享年61歳
e0064446_17275462.jpg1970年のヒット曲"Groove Me"でよく知られているソウルシンガーであり、ソングライターのKing Floydが脳卒中と糖尿病からの合併症で3月6日にカリフォルニア州の病院で亡くなった。享年61歳であった。

King FloydはNew Orleansで生まれ、Kennerで育った。1960年代初期のティーンエイジャー時代はその時代の地元のリズム&ブルースのスターたちの多くと行動を共にし、バーボンストリートのSho-Barでハウスバンドとともに歌っており、その後、2年間兵役についている。

軍の任務から解放された後は、New Yorkへ、その後Los Angelesへと移り住み、エンターテイナーとして活動を開始した。Los Angelesでは、有名なプロデューサーであり、バンドリーダーであるHarold Battisteと会い、BattisteはKing Floydのデビューアルバム"A Man in Love"をプロデュースした。このアルバムは、Mac "Dr. John" Rebennackが作曲した歌をフューチャーしている。

しかしながら、アルバムの売上はあまり芳しくなく、1969年、FloydはNew Orleansに戻り、家族を支えるために郵便局の仕事に携わった。しかし、Floydは自分の音楽への野心を決してあきらめたわけではなかった。

1970年に、多くのR&Bヒットの編曲者であるWardell Quezergue氏は、ミシシッピー州ジャクソン市の無名のブルース&ソウルレーベルの事務所Malaco RecordsへFloydを連れていった。Jean Knightが彼女の代表曲"Mr. Big Stuff"をレコーディングした同じセッションの中で、Floydは自分が作曲した"Groove Me" を録音した。

強烈にファンキーな"Groove Me"が大いに当たった後、Atlantic Recordsがその歌を取り上げ、全国的に宣伝し、R&Bチャート1位、ポップチャート6位とヒットした。Floydは郵便局を辞め、この曲をひっさげ、ヨーロッパ、南アフリカ、カリブ海にツアーに出かけた。また、Sonny&Cherや他のアーティストがレコーディングする曲も書いた。

ディスコ時代の到来で、ソウルシンガーにとって幸先が悪くなり、Floydの仕事は徐々に減っていったが、映画のサウンドトラックやコマーシャルの中でこの曲が採用され続けられてきたので、"Groove Me"の人気は持続した。また"Groove Me"と他の曲の著作権使用料もあり、Floydは楽に生活することができた。その後20年の間、Floydはたった数回のみ演奏を行っており、New Orleans Jazz & Heritage Festival、地元のカジノ、スーパードームでのEssence Music Festival2002など、出演を制限してきたという。

尚、ハリケーンカトリーナが接近してきた時、Floydは最初にアトランタ、そしてカリフォルニアに避難していた。(晶)
情報元:Nola.com

=ニューオリンズに光を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-19 18:18 | Neworleans情報
プリザベーション・ホール・ジャズ・バンドの最後のオリジナル・メンバー永眠
e0064446_21234948.jpgニューオリンズのガイドブックには必ず載っているプリザベーションホールのハコバンであるPreservation Hall Jazz Bandの結成当初のメンバーで唯一存命だったボーカリスト&バンジョー奏者のNarvin Kimballが亡くなった。97歳。3月17日、カトリーナ直後から妻のリリアンさんと一緒に移り住んでいた娘の家でのこと。

キンボール氏はベーシスト、ヘンリー・キンボールの子供として生まれ、1920年代からミシシッピ川を航行する船でFate Marable Bandの一員として演奏を始めた。最初の録音は1928年。氏は彼自身のバンドNarvin Kimball's Gentlemen of Jazzを結成し、約40年間、ニューオリンズを拠点に活動。彼はまた郵便局員としても37年間働いている。

キンボール氏が最後にバンドで演奏したのは1999年のテレビ出演の時。その後、脳卒中を起こして以降は演奏しなくなっていたとのこと。(尚)
情報元:AP
実はプリザベーション・ホールには一度も入ったことがありません(^^;)(尚)
Wikipediaによるとベースも演奏したそうです。人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-18 21:25 | マスメディア情報
ウェンズディ・アット・ザ・スクエア・フリー・コンサートの出演者発表
e0064446_11122336.gif今年で7回目となるWednesday at the Square(WATS)コンサートシリーズの出演者が発表になっている。WATSは、CBDのラフィエスクエアで開かれるフリーコンサートで、4/5から6/21までの毎週水曜の17時から19時半に行われる。出演者は下記の通り。今年はほとんどの日がダブルヘッダーなのが嬉しい。気になるジャズフェスの前後半の谷間の5/3は去年と同じマーシャ・ボールウォッシュボード・チャズ。(尚)

April 5
George Porter Jr. & Runnine Pardners With Special Guests: Johnny Vidacovich & Brian Stoltz + Some Like It Hot Trad Jazz Band
April 12
Nathan and the Zydeco cha chas + Lil' Nathan
April 19
Theresa Andersson Group + Ghost Town
April 26
BeauSoleil + Amanda Shaw and the Cute Guys
May 3
Marcia Ball + Washboard Chaz Blues Trio
May 10
The Radiators + beatin path
May 17
The Iguanas + Yeah You Right
May 24
Anders Osborne + Storyville Stompers Brass Band
May 31
Cowboy Mouth + Kipori Woods
June 7
subdudes + Jim McCormick
June 14
Sonny Landreth + Robert Fortune Band
June 21
The Chee Weez

情報元:Wednesday at the Square公式サイト

=5/3はWATSに集合! 人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-17 11:00 | Neworleans情報
(TV番組) NHKスペシャル「復興への行進(マーチ)」
~ハリケーンから半年・音楽の街は今~

e0064446_22384041.jpgカトリーナの壊滅的な被害からのニューオリンズの復活を、ある黒人高校ブラスバンドを通して、アメリカ社会に根強く残る「人種問題」「格差」といったひずみを浮き彫りにするとともに、苦境を乗り越えようとする黒人たちの姿を描く番組が、今週末に放送されます。今回はNHK総合テレビでの放送ですので、日本全国各地でご覧になれます。Don't miss it!

番組名:NHK総合テレビ 「NHKスペシャル」
放送日:3月19日(日) 21:00~21:52
※放送予定は急遽変更となる場合があります。ご注意下さい。 (晶)

=番組紹介より抜粋=
ハリケーンカトリーナで壊滅的な被害を受けたニューオリンズ。今も大部分の地域で復興のめどが立っていない。特に人口の3分の2を占める貧しい黒人たちは、住まいや仕事を奪われたまま厳しい避難生活を続けている。
毎年2月末に開かれるニューオリンズ最大のイベント「マルディグラ」では、黒人の子どもたちが通う地域の学校のブラスバンドがパレードの先頭に立ってきた。マルディグラでの復活を目指すある黒人高校ブラスバンドを通して、アメリカ社会に根強く残る「人種問題」「格差」といったひずみを浮き彫りにするとともに、苦境を乗り越えようとする黒人たちの姿を描く。

=ニューオリンズに力を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-17 00:06 | マスメディア情報



ニューオリンズ復興Project
by helpneworleans
About Us
Help Neworleans HPは有志メンバーでニューオリンズを元気にしようとするプロジェクトです。大好きな街に恩返しするため、文化普及のために様々な情報を提供しています。有志募集中!詳しくは投稿者紹介
協賛:
ラジオ番組音屋本舗
JACARA@広島
ミシシッピーのほとりから
おとり捜査官の捜査日記

人気ランキングに1票
確認 ブログ王
リンクバナーご自由に

今日:
昨日:
全部:

リンク
ハリケーン募金支援サイト
なんとかしようよ.net
ドッコイSHOW
Go To U.S.A.
MAMICHI@BLOG
More News.....
チャリティーCDs.....
カテゴリ
全体
復興への思い
救済イベント-国内
救済イベント-海外
Neworleans-被害
Neworleans-安否情報
マスメディア情報
Neworleans情報
HelpNOからのお知らせ
チャリティーCD
その他
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のトラックバック
Ellington Up..
from 1-kakaku.com
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
"What's Goin..
from 言葉と物
進歩したのかしてないのか。
from 気分屋は日々あお色
またハリケーンがやってき..
from 夜明け前
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
海外ニュース
from 共通テーマ
今度はTシャツの登場です!
from 沖縄☆青春小説の館☆管理人の..
クリック募金に気をつけろ!
from 銅の錬金術師のお金研究所
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧