大阪ニューオーリンズ祭り 各掲示板へヒロナリ Udacan さとる 人気ランキングへ1票
カテゴリ:マスメディア情報( 68 )
アジア医師連絡協議会(AMDA)の保志門さんの復興支援
e0064446_1721273.jpg沖縄出身の保志門澄江さんが、ニューオリンズでボランティアとして復興支援活動に当たっている。保志門さんは政府からの復興支援が届きにくいベトナム移民やベトナム系アメリカ人のサポートを中心に支援活動を開始。「遠い米国でアジア人同士助け合えたことは精神的にも充実感がある」と話している。
保志門さんは、国際協力機構(JICA)専門家としてインドネシアで働いた後、2003年9月からはチューレーン大学の修士課程で国際保健を学び、卒業直後の昨年8月、ハリケーンに被災した。
その後、難民を受け入れたテキサス州ヒューストン市で支援活動を始めた日本の「アジア医師連絡協議会(AMDA)」に参加。避難所で聞き取り調査を行い、ベトナム系移民の窮状を知った。
ベトナム戦争後、米国へ移民した多くのベトナム人やベトナム系アメリカ人の多くは、英語が十分に話せない人も多いため、救助関連の情報もなかなか伝わらず、避難所には支援物資やボランティアサービスが行き届きにくい状況だった。AMDAはベトナム系住民の支援を決定。義援金や生活支援物資の供給を始めた。
一部地域に帰還許可が出ると、保志門さんらも活動の場をニューオリンズに移した。浸水などで家具や食料品などの腐敗による環境汚染や健康への影響が懸念され、AMDAは引き続きベトナム系住民にマスクや手袋などの予防具を配布するなど支援した。
保志門さんのAMDAでの活動は昨年で終了したが、復興のボランティア活動に現在も参加。「今後も支援を続ける。ニューオリンズがジャズでにぎわう昔の姿を早く取り戻してほしい」とのこと。(尚)
情報元:琉球新報


[PR]
by helpneworleans | 2006-03-06 17:08 | マスメディア情報
カトリーナ被害の世論調査
e0064446_13155156.jpg
カトリーナで被害を受けたニューオリンズ市民のうち、白人よりも黒人の方が、より大きな痛手を受けたことが、CNNUSAトゥデイギャラップの世論調査で分かった。

調査結果によると
・カトリーナですべてを失ったと回答したのは、白人は19%、黒人は53%。
・最愛の人たちと離れなかったと回答したのは、白人は52%、黒人は37%。
・街が元通りになると答えたのは、白人は52%、黒人は67%。
・水没した地域を元通りに復興すべきだとしたのは、白人は35%、黒人は55%。
・マルディグラを例年通りに行うべきと答えたのは、白人は58%、黒人は37%。
・マルディグラを実施すべきでないと回答したのは、白人は10%、黒人は37%。なお、マルディグラ賛成は全体の49%、控えめには26%。

また、人種に関係なく67%が、いつかは以前の生活に戻ると回答。その時期は、41%が1~5年以内と予想。一方31%の人が、以前とは同じにはならないと回答。今後のハリケーン襲来については、88%が心配と回答。しかし、54%はニューオリンズ市が次のハリケーン襲来までに準備できると回答、51%が復興後は大型ハリケーンにも対応できると回答。 一方、カトリーナで破壊された堤防システムを信用すると答えたのは、51%だった。現在の一番の問題は、69%が住宅の修復と回答。続いて住宅の確保(63%)、医療(58%)、電気や水道、公共交通機関、ごみ収集等のインフラ(53%)。街に食事ができる店が少ないことについて47%が問題だとしており、36%が仕事が見つからないとしている。自宅が強盗に襲われると心配する人は44%。不安はあるが全体の78%が今後もニューオリンズにとどまりたいと回答、52%が残ると回答、25%が残りたいが不可能だと回答した。

調査は2/18~26にニューオリンズで電話番号を登録している804人を対象に実施。このうち、白人は399人、黒人は311人で、残りはその他の人種。 (尚)
情報元:CNN

=あれから半年、各マスコミも今日はNewOrleansを報じてます。人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-03-01 13:20 | マスメディア情報
ハリケーンから5ヵ月後の現状(雑誌の記事より)
~blues&soul records No.68より~

e0064446_21123056.jpg前号の内容も抜粋で紹介された、雑誌blues&soul recordsのNo.68号に載っているニューオリンズ在住の岸本裕見子さんのレポートからの抜粋。

【今だからやるマルディグラ】
ニューオリンズの近況は前回(二ヶ月前)とほとんど変わっていない。郵便、銀行、スーパーなどはまだ完全には復旧しておらず、電気、ガス代は6割増、自殺者も増えるなど暗いニュースが多いが、ビッグイージーの元気の源はマルディグラ。開催反対の声や資金の問題もあったようだが、結局は開催に落ち着いた。

【カーニヴァル・ジョンソン、ソウル・レベルズで明けたマルディグラ・シーズン】
1/6、公式のマルディグラ・シーズン始まりの日のハウス・オブ・ブルースでのパーティーに伝説のカーニヴァル・ジョンソンが登場。またビル・サマーズのプロデュースでCDを出したソウル・レベルズ、マルディグラ・インディアンも登場。このパーティーの収益の一部は水に浸かったインディアン・スーツの修復に献金されるとのこと。

【ニューオリンズ再建のため、だったはず!?】
1/15にソーシャル・エイド&プレジャー・クラブ・オールスター・セカンドラインが開かれた。最初は千人ほどだった群衆が行く先々で2倍、3倍とふくらみパレードを引率する警察もびっくり。ところが、終盤に発砲事件が起ってしまい、3人が負傷。「こんな結末を見るために帰ってきたんじゃない!」とつぶやく人たち。

また、今号はメイン特集こそサム・クックだが、ハリケーンでスライデルの自宅が壊滅し、その後9/10に亡くなったクラレンス・ゲイトマウス・ブラウンの23ページにもわたる追悼特集も掲載されている(表紙の右上のギタリストがゲイトマウス)。 (尚)
本日から投稿者に加えていただきました。今後とも宜しくお願いします。(尚)
=いよいよ明日がマルディグラ・デイ!!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-02-27 20:43 | マスメディア情報
NASAの新施設建設に、大規模な雇用生まれる
e0064446_21203512.jpgNASAは、金曜日に新しい施設の建設を始めたが、それは地域に何百もの仕事の機会を与えることになる。NASAの新しい「共有サービスセンター」は宇宙機関の人的資源、情報テクノロジーと購買部門を統合する。施設は、スペースシャトルのエンジンテストが行われたステニス宇宙センターに建設される予定である。
NASAは、彼らが月に戻って、月のかなたを探検するという新しいゴールの代償を払うために、現場の金を節約したいそうだ。 宇宙センター当局は、新しい管理の施設が宇宙機関の将来にとって重要なだけではなく、それは地域のカトリーナ回復にとって重要であると言う。
「この建築は、メキシコ湾岸が完全な回復へ向っている一途をたどっているという、NASAの確信の顕著な現れである」と、Richard Gilbrech博士(ステニス宇宙センターのディレクター)が言った。 e0064446_21212043.jpg
共有サービスセンターは450~500の新たな雇用を発生させ、さらに、平均的給料がおよそ50,000ドルであるという。 ミシシッピ州は、新しいセンターへ2100万ドルを投資し、ルイジアナの州政府も、従業員トレーニングのために100万ドルの寄付を申し出た。 (有)
情報元:WWLTV
[PR]
by helpneworleans | 2006-02-25 23:24 | マスメディア情報
(TV番組) CBSドキュメント 「ハリケーンカトリーナ特集」
アメリカの長寿ドキュメンタリー番組「CBS 60 Minutes」。1968年に始まったこのドキュメンタリー番組は、数々の賞を受賞し、ゴールデンタイムに全米で毎週平均1,400万人の視聴者を獲得しているという。

e0064446_1235859.jpg日本では、TBSテレビで日本語にダイジェスト編集された「CBSドキュメント」がよく知られており、キャスターは、ピーター・バラカンさん(写真左)と吉川美代子TBSアナウンサー(写真右)が務めている。日本版で放送される内容は、1回につき3本の報道だが、特集の時は1本になる。次回は「ハリケーンカトリーナ」を取り上げる予定で、丸々55分間、カトリーナの特集になるようだ。

番組名:TBSテレビ 「CBSドキュメント」
放送日:3月3日(金) 25:55~26:50
内容等:ハリケーンカトリーナの爪あと/沈みゆく街/専門家が予測する街の将来
※各地域によって放送日と時間帯が異なるかもしれません。ご注意下さい。 (晶)

ニューオリンズ音楽が大好きなピーター・バラカンさん。この大災害に対しどのような視点からコメントされるのでしょうか。注目したい番組です。(晶)

ビーター・バラカンさんがDJを行っている主なラジオ音楽番組
「Barakan Beat」 InterFM他 毎週日曜日19:00~21:00
「ウィークエンド・サンシャイン」 NHK-FM 毎週土曜日7:15~9:00
=ニューオリンズに力を!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-02-25 12:43 | マスメディア情報
ブリトニー、マルディグラに参加
ルイジアナ出身のBritneySpearsは、今月後半、ニューオリンズでマルディグラを祝う予定である。
e0064446_1151265.jpg「私は、今年ニューオリンズでのマルディグラの祝典に参加出来て光栄です。この素晴らしい都市がその毎年恒例の伝統を守り続けることはとても重要です。私はそれに参加出来るのを本当に楽しみにしています。」と、Spearsが月曜日にコメントしている。
24才のポップスターは、2月28日朝7時に、ABCテレビがニューオリンズからのライブ中継をする際に、「Good Morning America」(※)に出演する。
ABCは、「Spearsが若い住民のグループにサプライズを運ぶだろう」と発表している。

マルディグラのパレードシーズンは、2月18日から28日である。

SpearsはKentwoodで育ち、ハリケーンカトリーナの犠牲者の基金パーティーにも参加した。又、4月13日にはNBCの「Will & Grace」にゲスト出演をする予定。(有)
(※)全米の国民的番組
情報元:NOLA.com  
[PR]
by helpneworleans | 2006-02-17 01:19 | マスメディア情報
ジャズフェスティバル2006の出演者が公式発表!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
現地時間2月15日にニューオリンズジャズフェスティバルの出演者が発表になりました。
ジャズ&ヘイティッジフェスティバルの公式ホームページ前半と後半に分かれて表示されてます。

めずらしいところでは、 Bob Dylan、 Yolanda Adams、Lionel Richie、The Ohio Players、 Paul Simon、Angelique Kidjo しかし、毎年連続で最終日の最終ステージをかざっていたネビルブラザーズの名前がない?少々、寂しいですね。(福)

e0064446_212756.jpg記:yahoo Newsにでてる。「今年は、多彩な顔ぶれ」???そうかなぁ。少々、イマイチと感じていましたが。。。。

今回、個人的にもっとも嬉しいのは、元Wild MagnoliasのMonk BoudreauxがCongo Squareのポスターに描かれていることであります。Bo Dollisじゃなくて、Big Chief Monkだから。。。Monkは、人柄がよくって、やさしくって、とにかく好きなのです。ぜったい買うぞ!Big Chief Monkのポスター!!!

=一票一票がニューオリンズをメジャーにしていけるはず!人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-02-17 00:12 | マスメディア情報
我々の耳に永遠に音楽を!
e0064446_032495.jpg第48回の年間グラミー賞で最も美しいサウンドは、歌手またはミュージシャンではなく、Recording Academyの社長であり、ハリケーンに襲われたニューオリンズにサポートを申し出た、Neil Portnow氏(写真)により伝えられた。

水曜日の夜に放送された第48回グラミー賞は、ニューオリンズに対する感動的な音楽の賛辞と、Mardi GrasからJazzfestivalの間、ニューオリンズに訪れることによって支持を示そうというPortnow氏の嘆願で幕を閉じた。
「皆さんで、我々の世界へ多くを与えてくれたこの他に類のない都市に何かお返しをして、音楽を永遠にかからせ続けましょう」と、彼は言った。

音楽好きの皆さんはきっと、この国の文化的な生命にいかにニューオリンズが重要かを分かっている。しかし、グラミー賞のような注目のイベントで、そのことを思い出させることは我々に必要な配慮である。(有)
情報元:NOLA.com  
[PR]
by helpneworleans | 2006-02-14 00:33 | マスメディア情報
(TV番組) ニューオリンズ・ハリケーンのあとを歩く
~7月と全く同じルートを同じ撮影手法で12月に歩いた~

e0064446_16361427.jpgNHK取材班は、ハリケーンカトリーナ被災直前の7月に、フランス植民地時代の色が残るジャズ発祥の街並みに様々な発見をし、フレンチクォーターを行き交う人たちの言葉を記録し、撮影していた。今回、7月と全く同じルートを同じ撮影手法で歩き、7月に発見したものが今どう変ったか、7月に出会った人たちが今どういう思いで復興に取組んでいるのかを追い、7月の映像と見比べながら復興の街の姿を描くドキュメンタリーが放送される。
放送日は、2月4日(土) 22:00~23:15 NHK BS-ハイビジョン

-----番組内容紹介文より(抜粋)-----
e0064446_16333385.jpg7月にはライブハウスから響いていた音楽が消えた。フレンチクォーターは水没を免れたが、従業員や演奏家の多くは周辺の水没した地域に暮らす黒人で、家も楽器も失った。
街の復興を願う白人たちは腹を割り被災した黒人たちと語り合い始めている。クリスマス、全米に避難し一度は帰還を諦めた音楽家も戻ってくる。街の空気はどう変わったか?大洪水のあとの街を歩くようにじっくり見つめ、被災した街と人々の心の変化を描く。

詳しい番組の内容はこちらから (晶)

NHK BS-ハイビジョン放映なので、見られない人も多いかもしれません。残念ながら私もです・・・。BS-1で再放送して欲しいなあ。(晶)
=もっと知ってもらいたいから人気ランキングに一票を

[PR]
by helpneworleans | 2006-01-30 00:13 | マスメディア情報
(TV番組) BS世界のドキュメンタリー 「崩れゆくアメリカ神話」
~藤原帰一が見たハリケーン被災4か月~
e0064446_18454194.jpg
昨年末、NHK-BS1で2回にわたって大型ハリケーン発生のメカニズムやアメリカ政権の対応の遅れなどが放送された(以前の記事)。

今回は、ハリケーン被災から数ヶ月経ってもいまだ深い爪痕が癒えない現地を、国際政治学者の藤原帰一氏が訪れ、家や家族を失い、今も絶望を抱えたままの被災者たちの姿を通して、「強いアメリカ」「豊かなアメリカ」といった"アメリカ神話"が崩れゆく実態に迫るドキュメンタリーが放送されるようだ。
放送日は、1月28日(土) 22:10~23:00 NHK衛星第一

詳しい番組の内容はこちらから (晶)
[PR]
by helpneworleans | 2006-01-23 02:51 | マスメディア情報



ニューオリンズ復興Project
by helpneworleans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
About Us
Help Neworleans HPは有志メンバーでニューオリンズを元気にしようとするプロジェクトです。大好きな街に恩返しするため、文化普及のために様々な情報を提供しています。有志募集中!詳しくは投稿者紹介
協賛:
ラジオ番組音屋本舗
JACARA@広島
ミシシッピーのほとりから
おとり捜査官の捜査日記

人気ランキングに1票
確認 ブログ王
リンクバナーご自由に

今日:
昨日:
全部:

リンク
ハリケーン募金支援サイト
なんとかしようよ.net
ドッコイSHOW
Go To U.S.A.
MAMICHI@BLOG
More News.....
チャリティーCDs.....
カテゴリ
全体
復興への思い
救済イベント-国内
救済イベント-海外
Neworleans-被害
Neworleans-安否情報
マスメディア情報
Neworleans情報
HelpNOからのお知らせ
チャリティーCD
その他
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のトラックバック
Ellington Up..
from 1-kakaku.com
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
"What's Goin..
from 言葉と物
進歩したのかしてないのか。
from 気分屋は日々あお色
またハリケーンがやってき..
from 夜明け前
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
海外ニュース
from 共通テーマ
今度はTシャツの登場です!
from 沖縄☆青春小説の館☆管理人の..
クリック募金に気をつけろ!
from 銅の錬金術師のお金研究所
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧