大阪ニューオーリンズ祭り 各掲示板へヒロナリ Udacan さとる 人気ランキングへ1票
"New Orleans Music Guide Book" 出版へ
e0064446_2042252.jpg10月7日タワーレコード先行発売、10月19日一般発売で、"New Orleans Music Guide Book(ブルース・インターアクションズ刊)"が出版されます。(ご安心あれ、日本語の本ですから!)。価格は2,625円、監修は文屋章さんと吉田淳さん(タワーレコード)。

内容はこんな(↓)感じ。
◎ニューオーリンズの巨人 貴重写真
◎GOING TO NEW ORLEANS 楽都ニューオーリンズを行く
◎ニューオーリンズ・オリジナルLPコレクション
◎GOIN’ BACK TO NEW ORLEANS ニューオーリンズの歩みは音楽とともに
◎WORDS for N.O. LOVERS ニューオーリンズを知るための用語解説
◎CARNIVAL & FESTIVAL GUIDE 一度は観たい!名物カーニヴァル&フェスティヴァル・ガイド
◎THE GIANTS OF NEW ORLEANS MUSIC ニューオーリンズの巨人たち
●ファッツ・ドミノ 飛び抜けた"混血"ぶりでチャートを占拠
●デイヴ・バーソロミュー ニューオーリンズR&Bの参謀
●スマイリー・ルイス 怒濤のジャンプ・サウンド
●プロフェッサー・ロングヘア 唯一無二のフェス・スタイル
●ヒューイ"ピアノ"スミス 街の気概を体現するお祭り男
●ギター・スリム 全力疾走の激情ブルース
●スヌークス・イーグリン 闇を切り裂く稲妻ギター
●アール・キング 愛敬溢れる温暖な個性
●エディ・ボー 泥臭く庶民的な芸人魂
●アラン・トゥーサン スウィートなトゥーサンの魔法
●リー・ドーシー 年中無休、いつもファンキー
●ワイルド・マグノリアス 楽都ニューオーリンズの象徴
●ドクター・ジョン ニューオーリンズ・ルーツの伝導師
●ミーターズ 奔放自在なファンキー・ミラクル
●ネヴィル・ブラザーズ 結束する血の絆
●ダーティ・ダズン・ブラス・バンド 伝統を打ち破る強固な姿
●リバース・ブラス・バンド パワフルなストリート感覚
◎ DISC GUIDE ディスク・ガイド
◆ニューオーリンズ初心者はここからどうぞ!
◆ジャズ/ブラス・バンド Jazz/Brass Band
Column ニューオーリンズ・ジャズ事始め
Column ニューオーリンズ・ビートの秘密
◆リズム&ブルース/ロックン・ロール R&B/R&R
Column ジャマイカ音楽の原動力
◆ブルース Blues
Column 英国ニューオーリンズ事情
◆ソウル/ゴスペル Soul/Gospel
Column 70年代に賑わったアラン・トゥーサン詣で
◆ネヴィル・ファミリー The Nevilles
◆ファンク/ジャム・バンド Funk/Jam Bands
Column ニューオーリンズとヒップホップ
Column ジャム・バンドとニューオーリンズのシェア精神
◆マルディ・グラ・インディアン Mardi Gras Indians
◆ロック Rock
Column ロックを惹きつけたニューオーリンズの磁力
◆その他 Others
Column ニューオーリンズのザディコ事情
◆企画アルバム Concept Albums
Column ブラック・トップ・レコード
◎ニューオーリンズ・R&B・クラシックス 24選
◎45rpm レア盤・珍盤コレクション
◎STANDING IN THE SHADOWS OF NEW ORLEANS - THE BYPLAYERS
主要スタジオ・ミュージシャン人名録
◎紙の上のニューオーリンズ ニューオーリンズ音楽を楽しむための書籍27冊
◎映像ソフト紹介
◎人名索引
◎執筆者紹介

情報元:文屋章さんブログより
[PR]
# by helpneworleans | 2007-09-23 09:40 | マスメディア情報
被災体験、日米で語り合う(ニューオリンズでシンポジウム)
~神戸市民らが交流~

e0064446_2315374.jpg大災害に見舞われた日米の市民が被災体験と復興努力を語り合うシンポジウム「阪神大震災とハリケーン・カトリーナ」が8日、2年前にカトリーナの直撃を受けたアメリカ南部ルイジアナ州ニューオリンズ市で開かれ、神戸市民らが「心の復興」に向け震災体験を伝えた。

シンポジウムは在ニューオリンズ日本領事館とルイジアナ州立博物館などの共催。両市は昨年3月と10月、専門家を互いに招請しているが、今回は「市民の目から見た災害と復興」に関する草の根交流の場となった。

神戸山手大学の小林郁夫教授(都市計画)の講演に続き、トラックに温水シャワーを取り付け被災地を巡回、がれきの街にヒマワリを植えた荒井勤さん、避難所となった小学校の校長だった山口恵子さん、八歳で被災し今は大学で防災を学ぶ山本真臣さん、防災活動にかかわる国土交通省の深沢良信さんがアメリカ市民に体験を伝えた。

坂戸勝総領事は「心の傷を癒やし、明日への希望を抱かせる『心の復興』こそ究極の災害復興」と述べ、被災者交流の重要性と訴えた。

情報元:日本経済新聞
[PR]
# by helpneworleans | 2007-09-10 21:33 | マスメディア情報
カトリーナから1年半、復興遅れ住民戻らず
e0064446_1451630.jpg◆住宅、学校、病院不足 
大型ハリケーン「カトリーナ」の襲来から1年半を迎える米ルイジアナ州ニューオーリンズの復興が足踏みしている。街の中心部は20日に最高潮を迎えた世界屈指のカーニバル「マルディグラ」でにぎわいを見せているが、大きな被害の出た地区は放置されたまま。再建への展望は依然として開けていない。
「2006年中に30万人を帰還させる」
昨年5月に再選されたネーギン市長は50万都市への復活に向け、こう宣言した。しかし、戻った住民は今も被災前の半数に満たない20万そこそこ。この半年間はほぼ横ばいの状態が続いている。
帰還を望む住民が多いにもかかわらず、人口が増えないのは、住宅、学校、病院、交通手段など、何もかもが足りない状況が続いているためだ。
人口の7割近くを占めていた黒人の世帯の多くは3世代同居で、家族のきずなを大切にしている。彼らの間では仕事や家は確保できても「子供が学校に通えない」「高齢の親の健康が心配」などの理由で帰還をあきらめるケースが多い。
生活基盤の再建が遅れている背景には、市や州の行政の機能不全や連携の悪さがある。
街にとどまって演奏活動を続ける女性ジャズピアニストは「友人の家で間借り生活を続けている。浸水した自宅の修復援助を申請しているが、まだ交付されない」といらだっていた。
実際、ルイジアナ州全体で修復費を受けた人は、いまだに申請者の1%に満たないというお粗末さだ。
治安も悪化し、殺人件数は被災前の水準に逆戻りした。大半は麻薬と黒人同士の抗争に絡んだものだが、警察の人手不足もあって検挙率は低い。
一方、民間組織「よりよいニューオーリンズのための委員会」のキース・トウィッチェル氏は「前向きな要素」として、市や州に頼らず、住民主導の復興をめざす動きが出てきたことを挙げる。同氏は昨年12月、約2,500人が参加する初の「コミュニティー議会」の開催にこぎつけた。「この活動は転換点になると思う」と期待を寄せる。
しかし、そんなトウィッチェル氏も道のりの険しさは認めざるをえない。
「人口が30万を超えるのには3~5年かかるだろう。40万人に達するのは1世代先になると思う」
写真=今も放置されたままのニューオーリンズ第9地区の家屋

◇ニューオーリンズの現状(米ブルッキングス研究所調べ)
--被災前に比べた復旧率--
再開した公立学校:44%
公立学校の生徒数:32%
再開した病院:52%
バス運行数:17%
再開したホテル:90%
就業人口
 教育・医療:59%
 観光・レジャー:66%
 商業・運輸・公益:74%
家屋の修復援助(州全体2月12日現在)
申請:10万7739件、交付:632件

情報元:読売新聞2007年2月21日付朝刊--元記事ほぼそのまま(尚)
最近ここは閑古鳥が鳴いてますが、実は主催の(福)氏は、忙しいのかな?...(^^;)(尚)
=家屋修復援助交付率がまだ1%未満だなんて... 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2007-02-22 10:00 | マスメディア情報
ジャズフェスのラインナップ発表
e0064446_211725100.jpg今年のNew Orleans Jazz & Heritage Festival(通称ジャズフェス)の出演者が発表になった。これにあわせて、ジャズフェスの公式サイトもリニューアルされている。また公式ポスター2種類も発表されており、描かれているのはJerry Lee LewisとReBirth Brass BandのPhilip Frazier。(尚)

Weekend One Music Lineup (4/27〜29)
Dr. John, Rod Stewart, Van Morrison, Norah Jones, Brad Paisley, Jill Scott, Irma Thomas, Ludacris, Bonnie Raitt, Jerry Lee Lewis, Pharoah Sanders, Lucinda Williams, Calexico, Soulive, Rebirth Brass Band, Richie Havens, Johnny Rivers, George Thorogood & the Destroyers, Banda el Recodo, Bobby Jones & the Nashville Super Choir, Gillian Welch, T-Bone Burnett, Pete Fountain, Arturo Sandoval, The New Orleans Social Club, Percy Sledge, Mose Allison, Marcia Ball, Bishop Paul Morton & the Greater St. Stephens Mass Choir, Kermit Ruffins & the Barbecue Swingers, James Carter, Dr. Lonnie Smith, Sonny Landreth, JJ Grey & MOFRO, Tab Benoit, Amanda Shaw, Davell Crawford, Troy "Trombone Shorty" Andrews & Orleans Avenue, Subdudes, Terence Blanchard, George Porter, Jr. & Runnin' Pardners, Marva Wright, Zachary Richard avec Francis Cabrel, Jon Cleary & the Absolute Monster Gentlemen, Bobby Charles, Ba Cissoko of Guinea, Irvin Mayfield & the New Orleans Jazz Orchestra, Lucky Peterson, Bobby Lounge, Linda Hopkins, Bonerama, Eddie Bo, Shannon McNally, Rockin' Dopsie Jr. & the Zydeco Twisters, Henry Butler, Alexa Ray Joel, Kirk Joseph's Backyard Groove, Dirty Jerdy, Geno Delafose & French Rockin' Boogie, Pine Leaf Boys, Lafayette Rhythm Devils, Astral Project, Bob French & the Original Tuxedo Jazz Band, The Crescent City Allstars feat. James Andrews, Les Amazones of Guinea, Lady Tambourine, James Rivers Movement, Charmaine Neville Band, Steve Riley & the Mamou Playboys, Leviticus Gospel Singers, Charles Jackson & the Jackson Travelers, Mari Watanabe, Andrew Hall's Society Brass Band, Leroy Jones & New Orleans' Finest, Some Like It Hot, Heritage Hall Band with Jewel Brown, Second Line til' you Drop featuring the music of Paul Barbarin, Michael Ward, Phillip Manuel, Rob Wagner Trio, Groove Academy, Ray Abshire, Bonsoir Catin, Burnside Exploration, Mem Shannon & the Membership, Rockie Charles, John Rankin, Imagination Movers, Kenny Bill Stinson & the Ark-LA-Mystics, Patrice Fisher & Arpa with guests Marcelo Cotarelli & members of the Ilhabela Big Band of Brazil, New Orleans Klezmer Allstars, C.J. Chenier & the Red Hot Louisiana Band, VisionQuest Chorale of Dillard University, Second Nazarine Gospel Choir, Crown Seekers, Higher Dimensions of Praise, Zulu Gospel Male Ensemble, Local International Allstars, New Leviathan Oriental Foxtrot Orchestra, Gregg Stafford & the Young Tuxedo Brass Band, Dukes of Dixieland, George French, Jean Knight & Knights' of Rhythm, Rosie Ledet & the Zydeco Playboys, Maggie Warwick & the Louisiana Hayride Band, Jesse McBride & the Next Generation, Xavier University Jazz Band, NewBirth Brass Band, Mahogany Brass Band, Theresa Andersson Group, Bluerunners, The Bingo! Show, Robert Lowery & Virgil Thrasher, Lil Ray Neal Blues Band, Guitar Slim, Jr., Bruce Flett & the Bluebirds, Bamboula 2000, Henry Turner, Jr., Fredy Omar con su Banda, Vivaz!, Topsy Chapman, The Johnson Extension, St. Joseph the Worker Gospel Choir, Rocks of Harmony, Val & Love Alive with the Dimensions of Faith, One A-Chord, Jo "Cool" Davis, Chris Clifton, Lars Edegran & the New Orleans Ragtime Orchestra, Hot Club of New Orleans, Kidd Jordan, Julliard Jazz Ensemble, Hot 8 Brass Band, Happy Talk Band, Grayson Capps & the Stumpknockers, Bryan Lee & the Blues Power Band, Reggie Hall & the Twilighters feat. Lady Bee, Big Al Carson, Li'l Freddie King Blues Band, Swamp-Blues Summit with Lil' Buck Sinegal and Rudy Richard, Don Rich, Judy Spellman, Panorama Jazz Band, AsheSon, Beyond Measure, McDonogh #35, Wimberly Family, Shades of Praise Choir, Lyle Henderson, Single Ladies, Nine Time Men and New Look SAPCs, Olympia Aid - YMO, Big Nine, Bon Temps Roulez and Popular Ladies SAPCs, Furious Five, Untouchables and Dumaine Gang SAPCs, Tulane Jazz Ensemble, SUBR Jazz Ensemble, NOCCA Jazz Ensemble, New Orleans Modified Drum Circle, Monsieur No of France, David & Roselyn, Mount Pilgrim & Morning Star Youth Mass Choir, Javier Juarez, Johnette Downing, The RRAAMS Drum and Dance, Basin Street Sheiks, Palmetto Puppet Theater, Black Seminoles and Carrollton Hunters Mardi Gras Indians, Big Chief Peppy & the Golden Arrows, Golden Star Hunters and the Red White & Blue Mardi Gras Indians, Yellow Jackets and Creole Wild West Mardi Gras Indians...

Weekend Two Music Lineup (5/4〜6)
Harry Connick Jr., Steely Dan, ZZ Top, John Legend, Allen Toussaint, Counting Crows, New Edition, George Benson, Gilberto Santa Rosa, Allman Brothers Band, Better Than Ezra, Joss Stone, Stephen Marley featuring Jr. Gong, Taj Mahal, Cowboy Mouth, Branford Marsalis, Dottie Peoples, Tony Joe White, Roy Hargrove, Galactic, The Holmes Brothers, The Radiators, Chuck Leavell, Irma Thomas' Tribute to Mahalia Jackson, Clarence "Frogman" Henry, Elder Baab & the Madison Bumble Bees of Winnsboro, The Dixie Cups, Anders Osborne, Nicholas Payton, John Mooney & Bluesiana, Darrell McFadden, Snooks Eaglin, Preservation Hall Jazz Band, The Dirty Dozen Brass Band, Judith Owen, John Boutte, Franz Jackson, Lil' Band o' Gold, Luther Kent & Trickbag, Bob Wilber & the Soprano Summit tribute to Kenny Davern, Martha Redbone, Papa Grows Funk, BeauSoleil avec Michael Doucet, Eric Lindell, World Saxophone Group, Danilo Perez, Walter "Wolfman" Washington, Deacon John, Ivan Neville, Ellis Marsalis, Donald Harrison, Joseph "Zigaboo" Modeliste, Big Sam's Funky Nation, Elysian Fieldz, The Iguanas, Buckwheat Zydeco, Terrance Simien, Danza feat. Evan Christopher & Tom McDermott, Jeremy Davenport, The Jazz Jam, The Woodshed feat. Roland Guerin and James Singleton, Poncho Chavis & Boozoo's Dog Hill Stompers, D.L. Menard, Nathan & the Zydeco Cha Chas, Sherman Washington & the Zion Harmonizers, Clive Wilson & the Original Camelia Jazz Band feat. Butch Thompson, Don Vappie & the Creole Jazz Serenaders, Sunpie & the Louisiana Sunspots with guest Al "Carnival Time" Johnson, Germaine Bazzle, Michael White & the Original Liberty Jazz Band feat. Thais Clark, Johnny Sketch & the Dirty Notes, Benjy Davis Project, Twangorama, Morning 40 Federation, Bruce Daigrepont Cajun Band, Kevin Gordon, Savoy-Doucet Cajun Band, The Revealers, Banu Gibson & New Orleans Hot Jazz, Higher Heights, Paulette Wright, Rumba Buena, Julio y Cesar Band, Wanda Rouzan & a Taste of New Orleans, John Lee & the Heralds of Christ, Coolie Family, Unstoppable Gospel Singers, Dynamic Smooth Family, Mount Hermon BC Choir, Gospel Inspirations of Boutte, June Gardner, Lionel Ferbos & the Palm Court Jazz Band, Mark Braud, Last Straws, Batiste Brothers Band, Herman Jackson, Lost Bayou Ramblers, Sharon Martin, Groovemasters, Smitty Dee's Brass Band, Creole Zydeco Farmers, Brian Jack & the Zydeco Gamblers, Goldman Thibodeaux & the Lawtell Playboys, Willis Prudhomme & Zydeco Express, Rotary Downs, Ernie Vincent, Jumpin' Johnny Sansone, Ingrid Lucia, Henry Gray & the Cats, Beth Patterson & Kalafka, Johnny Angel & the Swingin' Demons, Leah Chase, the Plowboys, Percussion Inc., Michael Skinkus & Moyuba, Franklin Avenue BC Mass Choir, Melody Clouds, Providence BC Choir, Voices of Distinction, Treme Brass Band, New Orleans Jazz Vipers, Gov't Majik, Storyville Stompers Brass Band, Pinstripe Brass Band, J. Monque'D Blues Band, Washboard Chaz Blues Trio, Benny Grunch & the Bunch, Lil Nathan & Zydeco Big Timers, Betsy McGovern & the Poor Clares, Nouveau String Band, 007, Rick Trolsen & Gringo do Choro, Watson Memorial Teaching Ministries, Greater Antioch Full Gospel Choir, Tim Laughlin, New Orleans Spiritualettes, The Golden Wings, Chris Burke, Louis Ford with guest Barbara Shorts, Maurice Brown, Tornado Brass Band, Paulin Brothers Brass Band, Lady Sequence, New Generation and Lady Rollers SAPCs, Original CTC, Lady Buckjumpers and Undefeated Divas SAPCs, Big Seven, Westbank Steppers and Prince of Wales SAPCs, The UNO Louis Armstrong Jazz Quintet, Loyola University Jazz Ensemble, Heritage School of Music, Racines, Louis "Gearshift" Youngblood, Po' Henry & Tookie, Coco Robicheaux & Spiritland, Rufus "Rip" Wimberly & the Dreamers, Fi Yi Yi Mardi Gras Indians, New Orleans Mardi Gras Indian Rhythm Section, Chops Funky 7, Wild Apaches Mardi Gras Indians, Big Chief Monk Boudreaux & the Golden Eagles, Curtis Pierre Samba Man, Guyland Leday, Stax Music Academy Revue with Stephen Foster, Kayla Woodson, KidsmArt Performers, Jonno & the Cajun Experience, Guinoleros UAS of Culiacan Mexico, N'Kafu African Dance Ensemble...

情報元:ジャズフェス公式サイト

=今年も面白そう! 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2007-01-25 21:00 | Neworleans情報
残念セインツ、チーム初のスーパーボウル進出ならず!
e0064446_12195197.jpg1月27日日曜日、Conference Championshipsのファイナルの2試合が行われ、AFCはインディアナポリス・コルツが38対34でニューイングランド・ペイトリオッツを、NFCはシカゴ・ベアーズが39対14でニューオリンズ・セインツを下し、それぞれスーパーボウルへの切符をつかんだ。

ベアーズの16点の先制攻撃に対し、セインツは第2クォーター終盤、第3クォーター早々に連続タッチダウンをあげ、14対16と詰め寄るが、攻撃陣がミスを連発。ベアーズは手堅い攻撃で着実に得点をあげ勝利し、セインツはチーム初のスーパーボウル進出を果たすことはできなかった。

アメリカスポーツ界1のビックイベント"スーパーボウル"は、現地時間2月4日(日)にマイアミのドルフィンズ・スタジアムで開催される。(晶)
情報元:NFL

=でも去年は3勝なのでセインツ大健闘! 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2007-01-22 00:18 | Neworleans情報
ブラピ、アンジェリーナ・ジョリーとニューオリンズにお引越し
e0064446_2336266.jpgブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ニューオリンズに生活の拠点を移すことにしたと報道されている。

先日のゴールデン・グローブ賞の授賞式では、ジョリーが「私たちはニューオリンズが大好き。子供たちはあそこで学校に通わせるわ。楽しみよ」と報道を認めるコメントをしている。

USウィークリー誌によると、二人はフレンチ・クォーターにある6ベッドルームの家を350万ドルで購入、1月11日に引越したという。(晶)
情報元:livedoorニュース

=ニューオリンズに元気を 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2007-01-18 00:25 | Neworleans情報
第9地区の復興の兆し、約600人が戻っている。
e0064446_1511969.jpgLSU(Louisiana State University)ACORN(The Association of Community Organizations for Reform Now)と援助省のプログラムのメンバー達は、新しい家の建設を終えるために働いている。

1949年のハリケーンの時にいち早くニューオリンズに戻ったおばさんの一人が、カトリーナが起きた昨年8月以来始めて2~3週間帰ってきている。彼女のDelery通りにある新しい家が再建される。「夢がやっと実現する。」彼女はいった。

ACORNは、被害のひどかった第9地区の約150件の家を1月初めに修復する計画であるという。カトリーナ前の第9地区には、約14,000人が暮らしていた。そして、今およそ600人が戻っているという。(福)
情報元:WWLTV

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-30 01:53 | Neworleans情報
ニューオーリンズ名物の路面電車、ハリケーンから復活
e0064446_13163094.jpgアメリカルイジアナ州ニューオーリンズで名物の路面電車、セントチャールズ・ストリートカーが19日、ハリケーン「カトリーナ」の被害からほぼ1年半ぶりに復旧した。(参考:以前の記事)復旧後で初となるこの日の運行には、レイ・ネーギン市長も同乗した。

今回再開されたルートはCanal St.からLee Circleまでの約1マイルのみ。Regional Transit Authority(RTA)は、2007年の夏までにLee CircleからNapoleon Av.までを、2008年の春か初夏までにはNapoleon Av.から終着駅Carrollton Av.までを再開させたいと発表した。2008年の全面開通までは代行バスの運行が続けられる。

この路面電車を25年運転するクラレンス・グローバーさん(54)は「しばらくぶりに帰宅したみたいな気がする」などと喜びを語った。

現在のセントチャールズ・ストリートカーは1922年に作られたもので、ニューオーリンズのシンボルともされるこの路線は、1835年に運行を開始した。ハリケーン前には年間300万人が利用していた。(福)
情報元:ロイターABC26.com

カナルストリートの路面電車は、既に動いていたが、古き良きニューオリンズを象徴するセントチャールズの路面電車が復活したことは、うれしいね。(福)
=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-21 12:15 | Neworleans情報
堤防復興計画と地球温暖化の影響
e0064446_23533246.jpg湾岸を修繕して、将来のハリケーンに備える連邦政府の積極的な計画は、多くの科学者から避難を浴びている。科学者達は、計画は、多くの事業費とまちがったアプローチを恒久化するだけであると警告している。

プロジェクトは、陸軍工兵隊によって作成中であり、国会が来年2007年の内に長期の包括的な計画を発表するように命令した。

短期的な修繕プログラムは、沖合いの防波堤、島の上への砂丘の再整備、入江全体を閉め切る機械式のゲートを計画している。多くの科学者は、高額の海岸プロジェクトが被害を防ぐ役割をしている自然の浜辺にダメージを与えると、反対を続けている。

科学者と陸軍工兵隊は、共通する認識も持っている。“Mississippi Coastal Improvements Program, Interim Report”で述べたとおり、「ハリケーンカトリーナは、永遠にミシシッピーのメキシコ湾岸を変えてしまった。」ということ。レポートは、「海岸沿いの地域は、完全に平坦され、90パーセントの堤防構造物が破壊されたと計算された。」
「我々は、1969年のハリケーンカミールとカトリーナで過去37年の内に2回も剥ぎ取られた。ミシシッピー河の海岸が脆弱であることは間違いない。その弱さは、海面(海の水位)が上昇している影響であると考える。そして、地球温暖化の影響でそのスピードが速まっている。」(福)
情報元:NewYorkTimes
=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-20 23:53 | Neworleans情報
(ライブ情報)和歌山旧ビブレ前街頭フリーライブ 12月10日(日)開催!
~ぶらくり丁に音楽が流れる~

e0064446_0264038.jpg来たる12月10日(日)、和歌山在住ニューオリンズ大好きなソウルフルなギタリストES355さん(写真左、私個人的には懐の深い頼れる兄貴分)主催のイベント「和歌山旧ビブレ前街頭フリーライブ!~ぶらくり丁に音楽が流れる~」が開催されます。

ジャンルの枠を超えた様々なバンドの野外街頭ライブと共に、ハリケーンの被災から1年半経ったニューオリンズの現状(Ninth Wardの様子や Mardi Grasの模様など)をパネルにして紹介してくれます(写真提供:ニューオリンズ在住まものさん)。またニューオリンズ老舗ライブハウス「Tipitina's」で行っている復興活動「Instruments A Comin'!(ニューオリンズの子供たちに楽器を)」を紹介したものをチラシにして配布します。配布されるチラシはここからダウンロードできます。とてもステキなチラシに仕上がってますので、是非ダウンロードしてご覧下さい。

街頭ライブにてチャージはモチロン無料。但し椅子などは用意していませんので、新聞紙(敷物など)または折りたたみ椅子をご持参下さい。あと、防寒対策もお忘れなく!

開催日:2006年12月10日(日)
時 間:12:00~18:00予定
場 所:和歌山旧ビブレ正面玄関前広場

予定出演バンドはこちら
e0064446_0245668.jpg12:15~13:00 藪下将人(ギター弾き語り)
13:00~13:40 A LITTLE HOTSAUCE+乱入多数(Vo=SHOKO&KAYO G,6弦BANJO=ES355)
13:40~15:00 ぼとるねっくえがしらwithゆかり(G&Vo+アコーディオン) / コンフントJ(オノリオ(写真右)=アコーディオン,Vo スポック=バホキント=10弦バリトンギター,Vo)
15:00~15:45 HOBOぬきな+ゲスト(みのる DOBRO,Vo&HARP)
15:45~16:30 上前ヨシヒコ+JAM+α(ph, Vo&G)
16:30~17:15 WAVE+飛び入り多数   (晶)


以下、主催者ES355さんからのメッセージです。
-----------------------------------------
ロックだジャズだラテンだブルーズだとジャンルをお題目に入れないと イベントは出来ないものでしょうか? 僕はそういう「枠」を感じるのがすごく窮屈です。(イキじゃないですよワクですよ。)
海外にはNEW ORLEANS「ジャズ」とかモントルー「ジャズ」とかありますが、これは単に記号としてそう入っているだけで、内容は多様にわたり、ジャンル分けなど出来ません。東京や大阪のような大都市で、特定分野で演奏者もリスナーも人数がたくさんいるならば成立しますが、今私が住む和歌山のような町ではどうなんでしょう?
もっと幅広く「音楽」を紹介したい。FMのオンエアや本屋といっしょになったロードサイドのCDショップではちょっと知ることの出来ない音楽で楽しいのが色々あるよ、という気持ちで野外街頭で音楽イベントをやります。
ふらりと買い物に来た親子連れ、カップル、中学生や高校生、年配の方。もし少しでも足を止めてくれて音を楽しんでくれたらうれしいです。

先日横浜の某ライブハイスで初めて生コンフントJを見た私は、彼らのステキなハーモニーにすっかり魅了されました。(晶)
=今週末、東京と和歌山が熱い! 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-08 00:15 | 救済イベント-国内
ネーギン市長、復興計画の管理者を指名する
e0064446_148292.jpgレイネーギン市長は、ハリケーン後15ヶ月たっても都市が回復しないという批判を受けるかたちで、当局者に復興管理を支持した。

新たな復興管理は、Edward J. Blakel(現シドニー大学都市計画教授、カリフォルニア大学バークレー校地域都市計画部門の前会長)に任された。彼は、1989年のカリフォルニアでの地震、1991年の大規模火事の復興援助経験を持つ。

記者会見で彼は、「現在多くの復興計画がある。これらの計画を一本の傘の下にまとめられなくてはならない。」という。

ニューオリンズの歪んだ復興の側面と同じように、都市の回復のための責任者指名は、何ヶ月もおこなわれなかった。しかし、教授への正確な責任は、ネーギン市長の口から説明されなかった。(福)
情報元:New York Times

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-07 01:46 | Neworleans情報
救援コンサート12月10日に都内で開催! asahi.comにて紹介される
e0064446_135099.jpg以前の記事でも紹介したとおりRebirth New Orleans 甦れニューオリンズ!第2回ニューオリンズ救援チャリティー・コンサートが12月10日に行なわれる。

本コンサートの情報が朝日新聞のasahi.comで紹介された。

Rebirth New Orleans 甦れニューオリンズ!
第2回ニューオリンズ救援チャリティー・コンサート
●期日:12月10日(日)
  開場:3:00pm
  開演:3:30pm
●会場:東京山手教会(渋谷)
●出演:グレッグ・スタッフォード・ニューオリンズ・クインテット、渡辺真理(P)
友情出演:後藤雅広(Cl) 小林真人(B)
●チケット:前売¥5,000 当日¥5,500 全席自由 
●チケット申込み:東京労音 tel:03-3204-9933 ローソンチケット tel:0570-000-777 NOJS事務局 tel:03-3630-3036 (福)

渡辺真理さんのブログ「New Orleans Today」

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-06 01:05 | 救済イベント-国内
学生たちの目に見えないハリケーン被害報告
e0064446_0195537.jpgハリケーンによって、引越ししたり転校した約20万人の学生達は、長い間学校を休んだので、学力の低下が心配されている。

ワシントンの教育関連のRand社のレポートによると、ハリケーンの影響でルイジアナ州の公立学校学生の4分の1が避難し、他の全米48州に移動した。およそ4万人の学生は、7週間以上も学校を休んでいる。そのうえ、約1万人の学生は、いまだ再入学登録がされていない。

避難した学生の81パーセントは、オーリンズ地区、ジェファーソン地区からであった。バトンルージュの公立学校は、約6,000人の学生を受け入れて、現在も3,300人の学生が残っている。

避難した学生達の間では、校則を破ったり、積極的に活動に参加しなかったり、長期休んだりする生徒がいるという。精神的なカウンセリングが必要であるとレポートされている。(福)
情報元:WWLTV

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-12-01 00:21 | Neworleans情報
ニューオリンズの子供達へのクリスマスプレゼント会
e0064446_01251100.jpgサマンサは、4人女の子(4、5、6、9歳)の未婚の母(28歳)である。彼女が避難先のアトランタからニューオリンズに戻った時、住む場所がなかったので、小さな娘達と一緒に車の中で眠った夜を思い出すたびに嫌気がさす。家族は時折、親類の家に泊まったが、同じ境遇の家族達でいっぱいであった。

ハリケーンが家族を襲った時、全てを失った。アトランタでの避難生活もよくなかった。娘達を支えるための仕事を見つけることができなかった。

カトリック教会のチャリティーが、住宅と仕事を見つける援助をおこなっているということを知り、彼女はツキが回ってきたと言う。組織から受け取った援助に感謝している。彼女は、家を見つけるまでの2ヶ月間ホテル、借家の保証金と初めの月の家賃、子供達のための家具と制服にあてた。

幸運にも、彼女達は、12月22日のニューオリンズアリーナで行なわれる数千人の子供達が参加するTimes-Picayune新聞社のクリスマスプレゼント配布会に出席できることとなった。貧しい12歳以下の子供達が参加できる。(福)
情報元:Times-Picayune

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-28 00:14 | Neworleans情報
市のゴミ処理費用が急騰、来年の市の予算
e0064446_025378.jpg家庭や事務所からのゴミ処理費用は、近年の4倍もの費用になっているという。市は、来年3,500万ドルもの予算を見込んでいる。

ゴミ処理は、民間処理業者に委託される。入札文章によると、収集は、一日に一度か二度収集され、通り清掃は、週に3~7回行なわれる。

ネーギン市長は、再選される時の公約として、ニューオリンズ(特に観光スポット)を綺麗に清掃すると約束していた。(福)
情報元:The Times-Picayune

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-18 22:01 | Neworleans情報
Murphyオイル社のニューオリンズオフィスのヒューストンへの移動
e0064446_2247592.gif2007年1月に探査と生産をおこなうMurphyオイル社のニューオリンズオフィスは閉鎖し、100人の従業員はヒューストンへ移動するという。ニューオリンズは、石油の拠点としての機能が今後、弱まることになる。

オフィスは、1980年代から石油探査を始めたが、大きな石油会社は、合併しヒューストンへ移転していった。2004年には、エクソンモービル社は、ニューオリンズ事務所を閉鎖し、300人の従業員をヒューストンに移転したばかりであった。

2005年のハリケーン後、実質的に街は空っぽになり、ニューオリンズの主力産業であるホワイトカラーの石油ビジネスは、ニューオリンズに戻らないのでは?との恐れがあった。Shell社は、2006年1月に1,000人の従業員をニューオリンズに戻した。Chevrin社は、2007年に500人の従業員を戻すことを予定している。

石油関連のビジネスが復興の兆しを見せた矢先に、Murphyオイル社の発表があった。ルイジアナ州立大学のScottは、「ハリケーン前からの問題であった。しかし、ハリケーンが問題を悪化させ、いろんな影響を与えたが、よい影響は一つもない。」と言う。(福)
情報元:WWLTVMurphyオイル社

=ニューオリンズに元気を!人気ランキングに一票を=1日1回クリックしてね

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-16 22:48 | Neworleans情報
住宅の修繕、建て替えを援助する75億ドルの支援計画
e0064446_1372329.jpgルイジアナの住宅の修繕、建て替えを援助する75億ドルの計画が遅すぎるスタートをきった。住宅所有者は、ハリケーンから14ヶ月後にあっても、まだ途中段階にあることに怒りを隠せない。

プログラムは79,000家族が対象にあるが、どれくらいの補助金が支給されるかの報告は、わずか1,721の家族のみに対してである。

東ニューオリンズ地区の住宅所有者グループのカサンドラさんは、「補助金を受け取った人は、聞いたことがない。11月17日にバトンルージュでの抗議行動に出席する予定です。」と述べた。

無保険であった家屋の所有者は、再建するか、新しく購入する補助金最大15万ドルを受ける資格があったが、平均支給額は、6.8万ドルであった。

ネーギン市長は、11月1日に市が住宅所有者にお金を貸す計画を発表したように、プログラムの額に不満を抱いている。(福)
情報元:NewYork Times

=いつまでたっても、問題だらけ。 人気ランキングに一票を一日一回クリックしてね!

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-14 01:38 | Neworleans情報
エルビス・コステロ&アラン・トゥーサンのライブDVD
e0064446_1320321.jpgエルビス・コステロとアラン・トゥーサンがCD"The River In Reverse"を制作後に行ったツアーからカナダのモントリオールで行ったライブを収録したDVD"Hot as a Pistol, Keen as a Blade"が12月5日にアメリカでリリースされる。全編で2時間近くの映像、音は5.1チャンネルで収録されている。バックはCDと同じメンバー。ボーナスとしてコステロの"Alison"、短編フィルム"Putting The River In Reverse"からの"Who's Gonna Help Brother"、コステロとトゥーサンのインタビュー、フォトギャラリー、コステロによるツアー日記等が収められている。

トゥーサンがボーカルをとる曲もあり、その中には自信のアルバムには収録されていない曲("A Certain Girl"と"Play Something Sweet (Brickyard Blues)")も含まれている。またピアノソロで"Big Chief"、"Tipitina"、"The Olde Professor"をメドレーで弾いているとのこと。(尚)
情報元:marketwire
e0064446_1323504.jpg以前に紹介したマルディグラのビーズに関するドキュメンタリーは本日放送です。
番組名: BS世界のドキュメンタリー「首飾りを作ったのは誰?」
放送日: NHK-BS1 11月13日(月) 21:10~22:00(尚)
=コステロのファンも! 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-13 14:00 | マスメディア情報
新作映画「ニューオリンズ」はカトリーナがらみのストーリー
e0064446_2119365.jpgロバート・デ・ニーロとラッパーの50セントが、新作映画『ニューオリンズ』(原題)への出演交渉最終段階にあることが明らかになった。映画は、主人公の刑事が自分のパートナーはハリケーン「カトリーナ」の被害で亡くなったと思っていたが、実は銃で撃たれて死亡したと知って捜査を開始するポリス・スリラーだ。出演が決まればデ・ニーロが主人公の刑事にふんし、50セントが主人公の新しいパートナー役を演じる。監督は『コントロール』のティム・ハンターがあたり、撮影は2月から開始される見込みだそう。(尚)
情報元:シネマトゥデイ
=50セントって演技できるんだっけ?(^^;) 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-09 21:30 | マスメディア情報
シルバー・クリケッツのイベントはニューオリンズ・ガンボ
e0064446_20312288.jpg音楽評論家の北中正和さんと天辰保文さんによるユニット“シルバー・クリケッツ”のイベント"Lost&Found"の第三回目は、「ニューオリンズ・ガンボ」がテーマだそう。映像と音楽を随所に盛り込んでのよもやま話の夕べ。ゲストはニューオリンズには度々足を運んでいる影山友治氏(ユニバーサル・ミュージック)と道島和伸氏(ワーナー・ミュージック)とのこと。(尚)
情報元:UPLINK FACTORY

LOST & FOUND vol. 3 New Orleans Gumbo
開場:アップリンク・ファクトリー
日時:11/22(水)開場19:00/開演19:30
料金:¥1,500(1ドリンク付)
★開場の1時間前より会場受付にて整理券の配布開始(先着70名)
私は行きたいけど行けません(;_;)(尚)
=レア映像もありそう.. 人気ランキングに一票を

[PR]
# by helpneworleans | 2006-11-08 20:10 | 救済イベント-国内



ニューオリンズ復興Project
by helpneworleans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Us
Help Neworleans HPは有志メンバーでニューオリンズを元気にしようとするプロジェクトです。大好きな街に恩返しするため、文化普及のために様々な情報を提供しています。有志募集中!詳しくは投稿者紹介
協賛:
ラジオ番組音屋本舗
JACARA@広島
ミシシッピーのほとりから
おとり捜査官の捜査日記

人気ランキングに1票
確認 ブログ王
リンクバナーご自由に

今日:
昨日:
全部:

リンク
ハリケーン募金支援サイト
なんとかしようよ.net
ドッコイSHOW
Go To U.S.A.
MAMICHI@BLOG
More News.....
チャリティーCDs.....
カテゴリ
全体
復興への思い
救済イベント-国内
救済イベント-海外
Neworleans-被害
Neworleans-安否情報
マスメディア情報
Neworleans情報
HelpNOからのお知らせ
チャリティーCD
その他
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のトラックバック
Ellington Up..
from 1-kakaku.com
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
"What's Goin..
from 言葉と物
進歩したのかしてないのか。
from 気分屋は日々あお色
またハリケーンがやってき..
from 夜明け前
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
ファッツ・ドミノ
from アイドル芸能Shop
海外ニュース
from 共通テーマ
今度はTシャツの登場です!
from 沖縄☆青春小説の館☆管理人の..
クリック募金に気をつけろ!
from 銅の錬金術師のお金研究所
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧